サプリメントの服用結果

 2016年4月26日      

飲むだけの手軽なサプリメントを服用して健康改善をしようとした方で、その結果が出ている方はどの程度いることでしょう。サプリメントの効果を得られる人が残念ながら多くないのはなぜなのでしょうか?

飲むだけの手軽なサプリメントで栄養を補おうとしたり、ダイエットに活用したりする方はたくさんいらっしゃいますが、管理栄養士の立場からは、サプリメントではなく食べ物から栄養を摂ってほしいというのが本音です。

たとえば、ダイエットしたい人に良く知られている「脂肪燃焼を促す! 」のCMで販売されているダイエットサプリメントがあります。

主にL-カルニチン、キトサン、カプサイシンを含んでいますが、その性質を知っておかないと健康を害する場合も起こりえます。

「余分な脂肪を吸着して、排泄する手助けをしてくれる」といキャッチコピーで人気のダイエットサプリメントの「キトサン」で副作用に苦しんだ人がいます。このサプリメントを半年ほど服用すると突然アレルギー症状が出てきたのです。

キトサンの主成分は、エビやカニなど甲殻類に多く含まれているものなので、エビやカニなどにアレルギー症状を起こす人は「キトサン」にもその症状が出る可能性があります。

キトサンは腸内環境を整えたり、コレステロールの吸収を抑える体に良い作用がありますが、いくら良いとしても過剰摂取するのはダメです。

ダイエットサプリメントは飲むだけで簡単にダイエットできそうなイメージがCMなどで埋め込まれていますが、自分の体に合ったサプリメントかどうか成分表示を確認し安全なものだけを選び、服用する量を守らいと健康を害する場合があります。

ユーグレナ(ミドリムシ)ダイエット